購入数

■山中塗(木の種類:欅)
■サイズ:直径12×高さ7.5
(汁椀より一回り大きいサイズになります。)
■紙箱無し
------------------------------------------------------------
山中塗の特徴を生かした、羽反の形で薄挽きの大汁椀です。
※木目はお任せになります。
------------------------------------------------------------

※ひとつひとつ職人の手作業により作られています。※
商品イメージと実際の品物の色が多少異なる場合がございます。

山中塗とは・・・
天正年間(約450年前)、越前より良材を求め移住してきた挽物師(ひきものし)が、山中温泉の土産品として、ろくろ挽きの品物を作るようになったことがはじまりです。江戸時代には、糸目塗(いとめぬり)独楽塗(こまぬり)等の技法が発達し「山中の丸物」として全国に知られました。
現在では、その伝統技術が茶道具の分野で生かされ、多くの名工を輩出しています。

カテゴリーから探す